冬のバドミントンは、ガットの状態に要注意!

 

だいぶ寒くなってきましたよね〜。

こう寒くなって来ると、
「最近、ガットが切れるな〜」って
感じる方も多いのでは?

実際に、10月ごろから
Chickでも、急激にガットの張替えが増えます。

気のせいではなく、
みなさん冬になるとガットが切れているんです!

これは、冬になって
 ・気温が低くなる = ガットがピーンっ張っている
 ・乾燥する = 粘り気がなくなる

ことが原因と考えられます。

逆に、夏は、ガットが緩みやすいので、
「切れにくい」という良さもありますが、

「テンションが安定しない=すぐにユルくなる」
という欠点でもあるんです。

冬は、張りたてのテンションが安定するので、
気持ち良い弾きが長持ちするという良さもありますが、

やっぱり、切れやすい訳で・・・(>_<)

試合の前などは、早めに張り替えよう!

 

気温湿度の問題である以上、
対策は、なかなかありません。

試合が多くなって来る冬なので、
「ガットが切れやすい」ということを知って、

試合の前などは、
「切れていなくても、早めに張り替える」
ことが対策になります。

夏と違って、
ちょっとしたキズができると、
すぐに「プチッ!」と切れてしまいます。

「まだ大丈夫かな」なんて油断して
試合当日に、基礎打ちで切れちゃった・・・

な〜んてことも、良くあります。

切れやすいことは、仕方ない事実なので、
バドミントンを楽しむためにも

張替えるタイミングを早くすると、
しっかり対策になりますよ!