バドミントンが上達しにくい身体になっちゃう?

 

バドミントンだけに限りませんが、
運動をした後の筋肉は、固まりやすい状態になります。

筋肉は、縮むことでパワーを発揮しますから
使えば使うほど、縮こまって硬くなる性質なんですね。

では、筋肉が縮こまってカチカチになると
何が問題なのかというと、

例えば、手のひらをパーにして
グーに握ることは簡単ですよね。

でも、グーの状態から
さらに握ってグーにするのって
難しいというより無意味な感じ・・・(^^;)

グーより握るなんてね〜。

これと同じで、
縮むことでパワーを発揮する筋肉は、

最初から縮こまっていると
チカラを発揮することができません。

ということは、
せっかく練習をしても

身体は、あまり上手く動かない状態なので、
練習の効果も半減してしまいます。

せっかく、練習したのに
その効果が出にくいなんて、イヤですよね(>_<)

 

しっかり動く身体で、練習効果もアップさせよう!

 

では、逆に
「練習効果をアップさせてくれる」状態とは、
どんな状態でしょうか。

それは、身体が柔らかく、しなやかな状態です。

パーからグーの状態になるように
しっかりと筋肉が動いてチカラを発揮できますし、

一部分だけが硬くなって、
他の部分を引っ張ることで、
バランスを崩すこともありませんからね。

また、硬くなって引っ張られたり、
動きが悪くなって制限を受けることもなく
自由に身体も動きます。

だから、動かされて態勢が崩れても
広い範囲で身体が動かすことができて、
安定して力強く打つことができるんです。

そんな柔軟な身体を作るためにも
練習の後のマッサージとストレッチは
とっても大切なんです。

練習が終わったら、ハイお終い!

ではなく、
しっかり時間を作って
マッサージとストレッチしましょうね♪

これもバドミントンを楽しむための
練習の一つです(^^)