よく「手首を使え」って言われますが…

 

バドミントンでは、コーチや先輩から
よく「手首を使え」と指導されますよね?

『それって、どういうことか?』
ハッキリ理解していない初心者さんが、
結構、多いんです。

そこで、今回は
「手首を使う」について
お伝えしようと思います。

「手首を曲げる」動きは、間違い!

 

多くの初心者さんが勘違いしているのは、
「手首を曲げる」動きだと思っていること!

文字では、表現しにくいですが、
「手のひら」正面に向けた後
「おいでおいで」する動きですね。

「手のひら側」と「手の甲側」を
往復させる動きです。

底屈・背屈と言われる
動きなんですけどね。

これでは、シャトルに対して
チカラが伝わりにくいんです。

大体の場合は、
クリアーやレシーブなどが遠くまで飛ばない。
スマッシュが力強く打てない。

そんな時に
「ちゃんと手首を使って」
な〜んて言われるのではないですか?

バドミントンでも、
いろんな局面・ショットがありますから、
全部が同じ手首の使い方ではありません。

でも、こういう時の
「手首を使う」は、
おいでおいで」の動きではダメ

チカラを伝えるのは、” 回転運動 ”

 

チカラを伝える時の手首の動きは
『回転運動』なんです。

手のひらを床に向けて
ひっくり返す運動

手のひらが、
床を向いたり・天井を向いたり

お星さまキラキラ
する時の動きですね(^^)

手首を折り曲げずに
回転させることで、
しっかりチカラが伝わります。

物理では「角運動」と呼ばれますが
回転の勢いを使って、打撃するんですね!

招き猫みたいに
「おいでおいで」と手首を曲げていては、
チカラ強いショットは打ちにくい…。

「猫手」にならないように、
しっかり回転の勢いで
打ち込めるようにしましょう(^^)