太いガットの特徴は?

 

バドミントンのガットは、
テニスのガットほど太くないので、
太い、細いの差も0.1mm程度です。

でも、その0.1mmが
体感としては大きく感じるので、
どんな特徴があるのか
覚えておいてくださいね。

○ 太いガットのメリット

 

(1)耐久性が高く、切れにくい

ゲージが太いということは
単純に耐久性が高いことに繋がります。

同じ練習量でも
なかなか切れにくいということは、
張替えのペースが少なくなるので、
経済的には嬉しいですよね(^^)

ただ、気をつけないといけないのは、
ガットは、どんなに上手く張ったとしても
3〜4ヶ月で緩んでしまいます。

初心者の方など、
なかなか切れないという人には
あまりメリットでは無いかもしれません。

(2)球持ちが長く、チカラが伝えやすい

トランポリンのように、グッとシャトルをくわえ込むので
しっかりチカラが伝えやすくなります。

また、くわえ込む時間が長いので
腕には、ズシッと重く感じられ、

「打ちごたえが良い」
「打球感が重い」
と表現されることもあります。

スマッシュをガンガン打つ時などは
腕に重さを感じられて
打った感触は気持ち良いですよね♪

× 太いガットのデメリット

 

(1)球持ちが長く、弾くテンポが遅い

メリットでもお話しした「球持ちの長さ」
逆に言えば、デメリットになります。

球持ちが長いので、
反発性は低くなります。

素早く弾くテンポの早いラリーは
難しいですね。

(2)打球音が低く、爽快感が得にくい

ピアノやギターの弦と同じで、
ゲージが太いガットは、音が低くなります。

シャトルを打つ時の音って、
案外、気持ちよさの重要ポイント!

音が低くなるので、
金属音のような爽快な音は出ないことを
覚えておいてくださいね。

(3)食いつきが悪く、スピンやカットがかけにくい

太いガットは、コルクに対しての食い込みにくいので、
食いつきが弱く、カットやスピンがかかりにくくなります。

フラットに叩く、
スマッシュやドロップ・クリアーなどは
影響は少ないですが、

カットやスピンなど、回転をかけるショットは、
少しコントロールしにくくなっちゃいます。

まとめ

 

以上のような特徴を踏まえて、
太いガットを使ってみてくださいね。

 

《 太いガットのメリット 》
 (1)耐久性が高く切れにくい 
 (2)球持ちが長く、チカラが伝えやすい
 
《 太いガットのデメリット 》
 (1)球持ちが長く、弾くテンポが遅い
 (2)打球音が低く、爽快感が得にくい
 (3)食いつきが悪く、スピンやカットがかけにくい