細いガットの特徴は?

 

バドミントンのガットは、
テニスのガットほど太くないので、
太い、細いの差も0.1mm程度です。

でも、その0.1mmが
体感としては大きく感じるので、
どんな特徴があるのか
覚えておいてくださいね。

○ 細いガットのメリット

 

(1)打球音が高音で気持ちいい

ピアノやギターの弦と同じで、
ゲージが細いガットは高音が出ます。

つまり、シャトルを打った時の音が
気持ちよく耳に入ってくる!

良い音がしていると
調子も良く感じて、
プレーするのも楽しいですよね(^^)

(2)高反発で、球離れが早い

シャトルが当たった時に
すぐにラケット面から離れる性質があります。

シャトルとラケット面との接触時間が少ないと
体としては、打った感触が軽く感じます。

また、壁に当たって弾かれるように
テンポが早く感じるので、
ドライブやプッシュなどは気持ちよく打てますね。

(3)食いつきが良く、スピンやカットがかけやすい

細いゲージだと、
シャトルのコルク部分に食い込みやすいので
回転がかかりやすくなります。

スピンやカットなど、
シャトルに回転をかける時に
安定してショットを打つことができますね。

× 細いガットのデメリット

 

(1)耐久性が弱く切れやすい

ゲージが細いということは、
単純に、切れやすさにつながります。

糸が細いので、
ケバケバになったらプツンと切れちゃいます。

男子学生で、ほぼ毎日部活だと
練習強度やレベルにもよりますが、

早ければ数日とか数週間
長くても1〜2ヶ月で切れてしまいますからね。

(2)球持ちが悪く、チカラが伝えにくい

メリットにも書いた反発性が、
逆のデメリットにもなります。

トランポリンのようにグッと
シャトルが沈み込む時間があれば、
チカラが伝わりやすいんですが、

ゲージが細いと、すぐに弾き出されちゃうんで、
スマッシュやクリアーなど、
グッとパワーを乗せて打ちたい時には
物足りなく感じちゃいますね(^^;)

まとめ

 

以上のような特徴を踏まえて、
細いガットを使ってみてくださいね。

 

《 細いガットのメリット 》
 (1)打球音が高音で気持ち良い
 (2)高反発で、球離れが速い
 (3)食いつきが良く、スピンやカットがかけやすい
 
《細いガットのデメリット》
 (1)耐久性が弱く切れやすい
 (2)球持ちが悪く、チカラが伝えにくい